大震災受け物流分散化に動く流通企業、調達力を求め業界再編の加速も


PBの在庫が強みに 物流の分散が加速

ローソンやファミリーマートも本部や他地区から社員を派遣し、仮設店舗の設置や可動式店舗を出店するなど、営業正常化に向けさまざまな手を尽くし成果を上げている。だが、「GMSなどのスーパーをグループに持つコンビニと、そうでないコンビニとで調達の差が大きく出ている」と、SMBCフレンド調査センターの田中俊主任研究員は、商品供給力の差を指摘する。

実際、「セブン−イレブンは飲み物の品ぞろえが他のコンビニより多く、食品や雑貨の品ぞろえも幅広い。市民の信頼性が高まっている」と南相馬市のある市議会議員は言う。セブン−イレブンの3月の既存店売上高が前年同月比109・5%と、競合2社に比べ、2~4ポイント上回っている点にもそれは表れている。

コンビニのほかにイトーヨーカ堂などスーパー業態をグループに持つセブン&アイ・ホールディングスは、メーカーとの取引量が圧倒的。メーカーには重要な取引先と認識され、仕入れがしやすい。同様に、イオングループ傘下で業界5位にとどまるミニストップも、グループ調達力を武器に「震災直後の商品調達力は上位コンビニを凌駕していた」(田中主任研究員)という。

震災後の復興を後押しした大手流通の強みは調達力だけではない。プライベートブランド(PB)の貢献も大きかった。メーカーブランド(NB)に比べ低価格であることをウリに急拡大したPBは、一般的に小売り側の全量買い取り品だ。そのため賞味期限が比較的長い加工食品を中心に、各地の物流施設に在庫として備蓄がある。

一時的に食品メーカーからの供給が滞ってもPBがあるため店頭への商品供給が払底することがなくなる。また、消費期限の短い牛乳や豆腐などでもPBの強みが生かされた。イオンでは、北海道や熊本県の地域PBである「トップバリュ」の牛乳やヨーグルトを被災店舗に回すことで、品切れを回避できたという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT