大震災受け物流分散化に動く流通企業、調達力を求め業界再編の加速も

大震災からひと月余り経った4月20日、100を超えるテナントが入居するイオン石巻ショッピングセンター(SC)が、ついに全館オープンまでこぎ着けた。震災による設備破損や避難市民の受け入れで、一部休業を余儀なくされていただけに、完全オープン直後の連休中に催されたイベントには、実に1500人もの人が集まった。

同SCの総合スーパー(GMS)部分は、震災から2週間足らずの3月23日に営業を再開していた。当時SC内は一時的な避難所としても利用されており、店舗の空きスペースを利用した仮の売り場での営業再開だった。一見、品薄に見える店頭(左下写真)だが、「すぐ裏には余裕を持って提供できるだけの商品が山のように積んであった」(イオン)と営業にはまったく懸念がなかったという。

1階売り場が浸水したイオン気仙沼店では売り場を屋上と2階へ移し営業を再開。さらに同多賀城店は現時点で唯一閉店したままだが、近隣にあるグループの食品スーパー、マックスバリュへ衣料品や生活用品を持ち込み、GMSとしての機能を持たせ営業を行っている。イオンでは実質的に全店舗で営業を再開、その復興スピードは地元スーパーを圧倒した。

コンビニ業界最大手のセブン−イレブンも業界内では最も早期の再開に成功した企業だ。コンビニのビジネスモデルは通常1日3便という高頻度の商品配送に支えられているが、震災後の交通事情と商品不足で、配送体制の維持が困難になった。そんな中、セブン−イレブンでは3月中にほぼ被災地すべての店舗で1日3便体制が復活していた。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT