有料会員限定

10年後の日本は国債金利2%を予想する金融市場 目先の金融政策正常化よりも長期の家庭が重要

✎ 1〜 ✎ 283 ✎ 284 ✎ 285 ✎ 最新
拡大
縮小
日本銀行、日銀、植田和男、総裁、YCC
7月にYCCの上限を引き上げたが、植田和男総裁は来年以降も難路が待ち受ける(写真:編集部撮影)

7月末に日銀がYCC(イールドカーブ・コントロール)の上限を1%に設定する「柔軟化」を行ってから1カ月月余り、日本の長期金利市場は思いのほか落ち着いた動きが続く。直近のJGB(日本国債)10年物金利は0.6%台前半で推移し、1%の上限に程遠い。日銀は7月以降も0.5%を「目途」として残す。現時点で1%の上限設定は、経済情勢が大きく変化した際の予防措置的な位置づけではある。

ただ、昨年12月に同じようにYCCを修正した(上限を0.25%から0.5%に引き上げた)際には、その後1カ月間、JGB市場は大きく荒れた。今年1月の金融政策決定会合に向けては、2ヵ月連続でのレンジ上限引き上げの思惑が広がり、10年債金利が一時0.5%の上限を超えるなど市場は乱高下したのである。

次ページ国債買い入れ量が減らなければ金利上がらず
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内