スター集団どうまとめるか、栗山監督の「虎の巻」 『栗山ノート2 世界一への軌跡』書評

✎ 1〜 ✎ 72 ✎ 73 ✎ 74 ✎ 最新
拡大
縮小
『栗山ノート2 世界一への軌跡』栗山英樹 著
栗山ノート2 世界一への軌跡(栗山英樹 著/光文社/1650円/296ページ)
[著者プロフィル]栗山英樹(くりやま・ひでき)/東京都出身。ヤクルトスワローズ外野手でゴールデングラブ賞獲得。北海道日本ハムファイターズ監督に就任し日本一達成、正力松太郎賞受賞。前WBC日本代表監督。

スポーツを見るファンの視線は、競技により異なる。例えば、サッカーがワールドカップ(W杯)で16強に入れば、日本中が歓喜に沸く。他方、比較の是非はともかく、柔道家は五輪の銀メダルに敗戦の十字架を背負う。野球も後者で、国際大会の評価は勝ってこそだ。

そんな重圧の中、2023年春に開催された野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」を3大会ぶりに制した日本代表「侍ジャパン」の栗山英樹監督が、就任から激闘の舞台裏までを明かした。

信念を固持した厳しい局面の数々

WBC日本代表を過去に率いたのは王貞治、原辰徳、山本浩二、小久保裕紀だけ。著者は引退後スポーツキャスターを経て、日本ハムの監督に就任した異色の経歴を持つが、現役時代から名をはせたほかの4人と比べれば、選手としての実績では遠く及ばない。

次ページ「選手のことを思うほど思考は結果重視へ」
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内