有料会員限定

セブン「商品のプロ」が描くヨーカ堂再建策の全容 3年の時限付き、縦割りの打破が大きな課題

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16
拡大
縮小

イトーヨーカ堂をはじめとしたスーパー事業の再建を託された石橋氏。セブン-イレブン・ジャパンで中枢を歩んだ同氏が描く再建策とは。

次ページ今回の目玉はインフラ投資
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
漂流するセブン&アイ
アパレル撤退は英断でも「まだ3年必要」の不可解
日本のコンビニとは大きく違う立地と嗜好
実験店で展開する売り場改革現地リポート
創業家出身の伊藤順朗代表取締役インタビュー
アパレルメーカーは「織り込み済み」と冷静
スーパーとコンビニの中間業態「SIP」の全貌
売り場は疲弊、池袋本店の余波が広島店にも
寺岡泰博そごう・西武労組委員長インタビュー
そごう・西武売却を急ぐがあまり相次ぐ不手際
水面下で反目し合ったオーナーと社長のバトル
恩讐を超え大きな後ろ盾を得て安心材料に
抜本的改革なしではいつまでも外資に狙われる
3年の時限付き、縦割りの打破が大きな課題
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内