ソマリアで爆破テロ、ユニセフ職員ら死亡

過激派が犯行声明

 4月20日、国連児童基金(ユニセフ)はソマリア北東部で国連の車両が襲われ、職員4人が死亡したと明らかにした。他にも職員4人が重傷を負ったという。ジュネーヴで2009年11月撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ナイロビ/モガディシュ 20日 ロイター] - 国連児童基金(ユニセフ)は20日、ソマリア北東部で国連の車両が襲われ、職員4人が死亡したと明らかにした。他にも職員4人が重傷を負ったという。

この事件は、ソマリアのプントランド地方で発生。ガローウェの国連施設に向かっていた車両に仕掛けられた爆弾が爆発。地元警察によると、ケニア人2人とソマリア人警備員7人が死亡した。

イスラム過激派アルシャバブが犯行声明を出している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。