ソマリアで爆破テロ、ユニセフ職員ら死亡

過激派が犯行声明

 4月20日、国連児童基金(ユニセフ)はソマリア北東部で国連の車両が襲われ、職員4人が死亡したと明らかにした。他にも職員4人が重傷を負ったという。ジュネーヴで2009年11月撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ナイロビ/モガディシュ 20日 ロイター] - 国連児童基金(ユニセフ)は20日、ソマリア北東部で国連の車両が襲われ、職員4人が死亡したと明らかにした。他にも職員4人が重傷を負ったという。

この事件は、ソマリアのプントランド地方で発生。ガローウェの国連施設に向かっていた車両に仕掛けられた爆弾が爆発。地元警察によると、ケニア人2人とソマリア人警備員7人が死亡した。

イスラム過激派アルシャバブが犯行声明を出している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。