ソマリアで爆破テロ、ユニセフ職員ら死亡

過激派が犯行声明

 4月20日、国連児童基金(ユニセフ)はソマリア北東部で国連の車両が襲われ、職員4人が死亡したと明らかにした。他にも職員4人が重傷を負ったという。ジュネーヴで2009年11月撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ナイロビ/モガディシュ 20日 ロイター] - 国連児童基金(ユニセフ)は20日、ソマリア北東部で国連の車両が襲われ、職員4人が死亡したと明らかにした。他にも職員4人が重傷を負ったという。

この事件は、ソマリアのプントランド地方で発生。ガローウェの国連施設に向かっていた車両に仕掛けられた爆弾が爆発。地元警察によると、ケニア人2人とソマリア人警備員7人が死亡した。

イスラム過激派アルシャバブが犯行声明を出している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT