オバマ大統領「TPPは米企業・労働者に恩恵」

議会の反対勢力を牽制

 4月17日、オバマ米大統領は、TPPの締結は米国の企業だけでなく、労働者への恩恵にもなると言明した。写真はホワイトハウスで同日撮影(2015年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 17日 ロイター] - オバマ米大統領は17日、環太平洋経済連携協定(TPP)の締結は米国の企業だけでなく、労働者への恩恵にもなると言明した。

オバマ大統領は記者会見で、一部の民主党議員や労組がTPPに反対していることに言及しつつも、他の民主党議員は「グローバル経済が米国内に上陸することを防げないと確信している」と語った。

また、自身の任期中に締結した他の貿易協定をめぐっては、党内で意見が分かれることはなかったと述べた。

一部の民主党議員の間からは、TPPによって米製造業部門などの雇用が脅かされるとの懸念の声が上がっている。

オバマ大統領は、米国が米企業のためにアジア市場におけるルールを策定しなければ、中国がルールを決定することになるとも語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT