平均年収が高い会社ランキング「中部地方400社」 トップは平均年収1248万円の山梨県の企業

✎ 1〜 ✎ 279 ✎ 280 ✎ 281 ✎ 最新
拡大
縮小
(写真:CORA/PIXTA)

東洋経済オンラインでは、地域別の平均年収ランキングを作成した。全国トップ500社のランキング、東京都トップ500社、東京都を除く関東306社、近畿圏565社に続いて、中部地方(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県)に本社を置く400社のランキングを公開する。

有価証券報告書の公開データを基に集計。純粋持ち株会社は原則として除外。単体の従業員数が10人に満たない場合や、平均賃金の発表がない企業なども対象から除いている。ランキング表内で社名末尾に「*」のある会社は主要子会社のデータを採用している。

1位はファナックは1248万円

中部地方の1位は、山梨県に本社を置くファナックの1248万円(平均年齢40.3歳)だった。ファナックは工作機械用NC(数値制御)装置で世界首位のメーカーで、産業用ロボットでも強い優良企業だ。2位は各種テスターなど電気測定器の中堅メーカーであるHIOKIの923万円(45.9歳)だった。

3位にはフジミインコーポレーテッドで897万円(平均年齢42.5歳)が入った。4位に三谷商業が895万円(41.6歳)、5位にヤマハの860万円(44.7歳)が続いた。

次ページまずは1〜50位のランキング
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT