有料会員限定

岸田政権は「原発回帰」で曖昧な説明を改めよ 拙速な安全規制見直し、次世代炉も検証が必要

✎ 1〜 ✎ 203 ✎ 204 ✎ 205 ✎ 最新
拡大
縮小
九州電力・川内原子力発電所の全景
九州電力・川内原子力発電所(撮影:尾形文繁)

岸田文雄政権は福島第一原子力発電所事故を機に定められた原発依存度低減の政府方針を改め、「最大限活用」を2月10日に閣議決定した「GX実現に向けた基本方針」に盛り込んだ。

同基本方針によれば、GXとは「グリーントランスフォーメーション」のこと。「産業革命以来の化石エネルギー中心の産業・社会構造を、(温室効果ガスを排出しない)クリーンエネルギー中心へ転換する」ことを意味している。そしてGXを、「戦後における産業・エネルギー政策の大転換」であるとしており、原発の最大限活用もその一環だという。

方針転換を説明すべき

そうであるならば、岸田首相は今国会において、原発事故の教訓を踏まえた原発依存度低下という歴代内閣の方針をなぜ改める必要があるのか、また、最大限活用とはどういうことなのかについて、わかりやすく説明する必要がある。しかし、首相の発言は曖昧であり、なぜ原発に頼らなければならないかの説明は明瞭さを欠いている。

次ページ明確な方針転換を濁す岸田首相
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内