ソフトバンク、買い物アプリのOrigamiに出資

クレディセゾンも出資

 4月9日、ソフトバンクは、ショッピングアプリを手掛けるOrigami(東京都港区)に出資したと発表した。Origamiが実施した総額16億円の第三者割当増資の一部をグループ会社が引き受けた。写真は、ソフトバンクのロゴ、2014年12月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>は9日、ショッピングアプリを手掛けるOrigami(東京都港区)に出資したと発表した。Origamiが実施した総額16億円の第三者割当増資の一部をグループ会社が引き受けた。

具体的な出資額と出資比率は明らかにしていない。

ソフトバンクモバイルとデジタルマーケティング支援のグループ会社ジェネレイト(東京都港区)、Origamiの3社は、実店舗への来客を促すオンライン・ツー・オフライン(O2O)やネットと実店舗を融合させたオムニチャネルの領域で協業。Origamiのサービスとソフトバンクモバイルが全国4万台以上設置している「クーポンゲート」と連携させることで、ユーザーの趣味・趣向に合ったサービスなどを提供する。

第三者割当増資の引き受け先にはクレディセゾン<8253.T>も名を連ねている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT