ソフトバンク、買い物アプリのOrigamiに出資

クレディセゾンも出資

 4月9日、ソフトバンクは、ショッピングアプリを手掛けるOrigami(東京都港区)に出資したと発表した。Origamiが実施した総額16億円の第三者割当増資の一部をグループ会社が引き受けた。写真は、ソフトバンクのロゴ、2014年12月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>は9日、ショッピングアプリを手掛けるOrigami(東京都港区)に出資したと発表した。Origamiが実施した総額16億円の第三者割当増資の一部をグループ会社が引き受けた。

具体的な出資額と出資比率は明らかにしていない。

ソフトバンクモバイルとデジタルマーケティング支援のグループ会社ジェネレイト(東京都港区)、Origamiの3社は、実店舗への来客を促すオンライン・ツー・オフライン(O2O)やネットと実店舗を融合させたオムニチャネルの領域で協業。Origamiのサービスとソフトバンクモバイルが全国4万台以上設置している「クーポンゲート」と連携させることで、ユーザーの趣味・趣向に合ったサービスなどを提供する。

第三者割当増資の引き受け先にはクレディセゾン<8253.T>も名を連ねている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT