フェラーリ「プロサングエ」乗ってわかった凄み 初の4ドアモデルは姿形だけでなく走りも高次元だ

拡大
縮小
フリーダムドアと呼ばれる後ろヒンジのドアは乗降性も高い(写真:Ferrari SpA)
この記事の画像を見る(17枚)

フェラーリ初の4ドアモデルで、リムジンのように後席が使える「プロサングエ」。2022年9月にイタリアで実車を見て以来、ついに2023年2月終わりに試乗がかなった。

フェラーリにとっては画期的なモデルである。市場による4ドアの要求に初めて応えた結果であり、しかし同時に、「これはスポーツカー」とフェラーリでは断言するのだ。

4人がゆったり乗れる4ドアモデルは、スポーツカーメーカーも無視できない市場のようだ。ポルシェは「パナメーラ」、ランボルギーニは「ウルス」、アストンマーティンは「DBX」などを送り出している。

フェラーリはこれまでに4人乗りモデルを手がけたことがある。「465GT4・2+2」(のちに400そして412)や「612スカリエッティ」、そして「FF」や「GTC4ルッソ」といったモデルだ。

4ドアは、かつて計画にはあがっていた(創設者のエンツォ・フェラーリも欲しがっていたとか)が、スポーツカーとして認められる性能が実現できずお蔵入りになっていた。

「家族で乗れる4ドア」のフェラーリ

世界中のフェラーリファンから、それでも、「家族で乗れる4ドアが欲しい」と強い要望が寄せられていたとかで、それに応えてプロサングエがようやく登場。

全高が1.6メートルちかくある、4ドア4人乗りのプロサングエ。従来の4人乗りとあきらかに一線を画するのは、”ちゃんと”4人のおとなが快適に乗っていられるところだ。

「SUVと呼ぶひともいますけどネ」と、私が会ったフェラーリの関係者は前置きしつつも、「でも、私たちはプロサングエをスポーツカーと呼んでます」ときっぱりと言っていた。

フェラーリがプロサングエをスポーツカーと呼ぶのは、「操縦性能ゆえ」と、技術開発部門を統括するジャンマリア・フルゼンツィ氏は教えてくれたことがある。

「それは、アクティブサスペンションが実現できたから。48ボルトの電気モーターとダンパーを組み合わせて、コーナリングでも理想的な重心高を実現できるシステムです」

ダイナミックセンサーを使った「ABS evo」という、車体の動きをセンシングするシステムを搭載。

これに、マルチマチック社の48ボルトシステムで動く電気モーターを使う「トゥルーアクティブスプールバルブ」とダンパーが組み合わされたのがアクティブサスペンションだ。

ボディサイズは、全長4973mm、全幅2028mm、全高1589mm(写真:Ferrari SpA)
次ページ4WDシステムを搭載しながら、広い後席空間を実現
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT