関東各地の放射線量は低下が続く、文部科学省発表

関東各地の放射線量は低下が続く、文部科学省発表

文部科学省がとりまとめている都道府県別環境放射能水準調査によれば、関東各地の放射線量は低下傾向が続いている。

各地の放射線量は、21日に急上昇したが23日以降は低下が続いている。茨城県(水戸市)を除く各地では、過去の平常時の上限値の0.1マイクロシーベルト毎時程度かそれを下回る水準になってきている。

茨城県(水戸市)は依然として平常時に比べるとかなり高い値だが、直ちに健康に影響を与えるような水準ではまったくない。

[+図をクリックして拡大]

注:福島県、宮城県は通常の計測地点では測定不能
出所:文部科学省

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。