NYの公園にゲリラ芸術家が「スノーデン像」、違法で即日撤去

匿名の芸術家グループが設置をしたが・・・

 4月6日、米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露し、ロシアに逃れたエドワード・スノーデン容疑者の銅像が6日未明、匿名の芸術家グループによってニューヨークの公園に設置された。ニューヨークで撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露し、ロシアに逃れたエドワード・スノーデン容疑者の銅像が6日未明、匿名の芸術家グループによってニューヨークの公園に設置された。

同容疑者のトレードマークのメガネをかけた胸から上だけの胸像で、公園にあった記念碑の上に置かれた。

芸術家グループは胸像設置の理由について、スノーデン容疑者に共鳴し、敬意を表するためとの声明を出した。

胸像は当局が違法として6日午後までに、ブルーシートで覆い撤去した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。