NYの公園にゲリラ芸術家が「スノーデン像」、違法で即日撤去

匿名の芸術家グループが設置をしたが・・・

 4月6日、米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露し、ロシアに逃れたエドワード・スノーデン容疑者の銅像が6日未明、匿名の芸術家グループによってニューヨークの公園に設置された。ニューヨークで撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露し、ロシアに逃れたエドワード・スノーデン容疑者の銅像が6日未明、匿名の芸術家グループによってニューヨークの公園に設置された。

同容疑者のトレードマークのメガネをかけた胸から上だけの胸像で、公園にあった記念碑の上に置かれた。

芸術家グループは胸像設置の理由について、スノーデン容疑者に共鳴し、敬意を表するためとの声明を出した。

胸像は当局が違法として6日午後までに、ブルーシートで覆い撤去した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。