NYの公園にゲリラ芸術家が「スノーデン像」、違法で即日撤去

匿名の芸術家グループが設置をしたが・・・

 4月6日、米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露し、ロシアに逃れたエドワード・スノーデン容疑者の銅像が6日未明、匿名の芸術家グループによってニューヨークの公園に設置された。ニューヨークで撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露し、ロシアに逃れたエドワード・スノーデン容疑者の銅像が6日未明、匿名の芸術家グループによってニューヨークの公園に設置された。

同容疑者のトレードマークのメガネをかけた胸から上だけの胸像で、公園にあった記念碑の上に置かれた。

芸術家グループは胸像設置の理由について、スノーデン容疑者に共鳴し、敬意を表するためとの声明を出した。

胸像は当局が違法として6日午後までに、ブルーシートで覆い撤去した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT