北東北最大の工業都市・八戸、臨海部の鉄鋼メーカーなどに被害【地図で見る震災被害】

太平洋に臨む北東北最大の工業都市、青森県八戸。5000トン級貨物船が入出港できる大型港湾を有することから、鉄鋼や紙・パルプなど大型の工業拠点が臨海工業地帯を中心に集積していたが、東日本大震災の影響で軒並み操業停止。産業の大本であるこれらのメーカーで停滞が長引けば、川下産業への影響も出てきそうだ。


より大きな地図で 東日本大震災 を表示 

三菱製紙、大平洋金属、三井金属、東京鉄鋼、日本高周波鋼業、北日本造船・・・。北東北有数の工業地帯を誇る八戸は、鉄鋼を中心に発展を遂げた。その理由は砂鉄や石灰石といった製鉄資源が豊富だったこと。海外から安価で大量の鉄鉱石が輸入されるようになったことで砂鉄の生産はなくなったが、鉄鋼メーカーは事業内容を変えながら、この地で生産を続けてきた。1964年に全国15の新産業都市のひとつに選ばれたことから、紙・パルプなど鉄鋼以外の産業も続々と進出した。水産加工を中心とした食品産業もある。
 
 今回の震災で大きな被害を受けたのが、大平洋金属の八戸本社・製造所(八戸市大字河原木字遠山新田)。津波対策で設備を高い位置に造っていたものの冠水を避けられなかった。それでも4階立ての施設の最上階などへの避難が速やかに進んだこともあり、人的被害は出なかった。現在は、通電による設備の損傷を確認中であり、操業再開の見通しは依然立っていない。

同製造所は、ステンレス原料であるフェロニッケルの国内最大の生産拠点。競業の住友金属鉱山を大きく上回る生産量を誇っていた。復旧作業の進捗次第では自動車や住宅など、ステンレスを使う幅広い産業に影響が出る可能性がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT