有料会員限定

2023年の「クレジット市場」をどうみるべきか クレジットスプレッドは冴えない動きとなる

✎ 1〜 ✎ 250 ✎ 251 ✎ 252 ✎ 253
拡大
縮小
ワシントンD.C.にあるFRBの外観
(写真:giri / PIXTA)

戦争、エネルギー危機、サプライチェーン問題、地政学的リスクの増大と世界的な軍備拡張の動き、気候変動、コロナ禍の蔓延。そこに、物価高と金利上昇、景気低迷懸念。こうした問題が次から次へと襲ってきた激動の2022年が終わった。明けた23年のクレジット市場はどうなるだろうか。

23年のクレジットスプレッド

まずクレジット市場をみるうえで重要なクレジットスプレッドから説明する。クレジットスプレッドは、信用リスクが悪化するような局面にワイド化し、改善するような局面にタイト化するものである。人にお金を貸すとき、金利をより高く設定するのは信用のない人に対してであることを考えてもらえればよい。

23年のクレジットスプレッドは、一言で言えば冴えない動きとなる。わずかの上がり下がりを繰り返しながら、スプレッドは緩やかにワイド化していくと考えるためだ。

次ページ23年のクレジットスプレッドを見極めるためには
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内