三井物産、トルコのメーカーに15%出資

スチール缶で欧州3位のサルテンに

(写真:Yoshiki/Imasia)

[イスタンブール 25日 ロイター] - 三井物産<8031.T>はトルコの総合パッケージングメーカー、サルテンに15%出資した。サルテンが25日、明らかにした。

三井物産は欧州、中東に近いという地の利に加え、経済拡大が続くトルコへの投資で、成長取り込みを狙う。

サルテンの創業一家から株式を取得した。残りは一族が引き続き保有する。

取得額については明らかにしていない。

サルテンはスチール缶生産で欧州第3位。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。