クラフトフーズとハインツが合併を発表

北米3位の食品会社誕生

 3月25日、米食品大手クラフトフーズ・グループは、 ケチャップで知られる同業ハインツと合併すると発表した。写真は、クラフトのロゴ、2012年5月撮影(2015年 ロイター/Jonathan Ernst)

[25日 ロイター] - 米食品大手クラフトフーズ・グループ<KRFT.O>は、ケチャップで知られる同業ハインツと合併すると発表した。北米第3位の食品・飲料会社が誕生する。

ハインツには3Gキャピタルと、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が出資している。

合併後の新会社「クラフト・ハインツ」の最高経営責任者(CEO)にはハインツのベルナルド・ヒーズCEOが就任する。2社の売上高の合計は約280億ドルで、北米市場シェアトップのペプシコが2014年に稼いだ売上高の半分にも満たない。

クラフトフーズは主にチーズ、「オスカーメイヤー」ブランドの加工肉製品、「マックスウェル」ブランドのコーヒーなどを販売し、ハインツはケチャップやソース類、冷凍食品が主力。アナリストらによると、重複する製品がほとんどないことから、独占禁止法に抵触するとの懸念は生じない見通し。

2社によると、新会社は8つのブランドを展開する。合併によって2017年末までに年間約15億ドルのコスト削減効果が見込まれている。

クラフトフーズの株主は合併後の新会社の株式49%、ハインツは同51%を取得する。

クラフトフーズの株主は、保有する1株に対して、新会社の株式1株とともに、バークシャーと3Gから16.50ドルの特別配当も受け取る。

3Gのマネージング・パートナーでもあるハインツのアレックス・ベーリング会長は新会社の会長に就く。

合併手続きは今年の下半期に完了する見通し。

*内容を追加して再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。