イオン、GMS苦戦で3期連続の減益に

2015年2月期の業績予想を下方修正

 3月23日、イオンは、2015年2月期の業績予想を大幅に下方修正した。連結営業利益予想は2000―2100億円の計画を1400億円に引き下げた。都内で2013年1月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 23日 ロイター] - イオン<8267.T>は23日、2015年2月期の業績予想を大幅に下方修正した。連結営業利益予想は2000―2100億円の計画を1400億円に引き下げた。前年比18.3%の減益で3期連続の減益となる。主力の総合スーパー(GMS)のイオンリテールやダイエーの低迷が長引き、営業増益となった総合金融事業やデベロッパー事業ではカバーしきれなかった。

イオンでは「消費税増税や物価上昇などを背景に、生活必需品に対する消費者の節約志向が強まるなど、小売業にとって厳しい環境となった」と振り返った。

イオンリテールは、営業黒字を確保したものの、減益。ダイエーは売上高・利益ともに計画を下回ったという。

2―11月期決算時にすでに、通期の業績見通し達成について「非常に厳しい」(若生信弥グループ財務最高責任者)との見方を示しており、下方修正は予想されていた。

当期利益予想は480億円から350億円(23.2%減)へと引き下げた。

16年2月期については、首都圏の食品スーパー連合、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス<3222.T>やウエルシアホールディングス <3141.T>が連結子会社として寄与する。このほか、GMSでは、権限を現場に移譲するなどの構造改革を進めており、早期の業績回復につなげたい考えだ。

 

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT