イオン、GMS苦戦で3期連続の減益に

2015年2月期の業績予想を下方修正

 3月23日、イオンは、2015年2月期の業績予想を大幅に下方修正した。連結営業利益予想は2000―2100億円の計画を1400億円に引き下げた。都内で2013年1月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 23日 ロイター] - イオン<8267.T>は23日、2015年2月期の業績予想を大幅に下方修正した。連結営業利益予想は2000―2100億円の計画を1400億円に引き下げた。前年比18.3%の減益で3期連続の減益となる。主力の総合スーパー(GMS)のイオンリテールやダイエーの低迷が長引き、営業増益となった総合金融事業やデベロッパー事業ではカバーしきれなかった。

イオンでは「消費税増税や物価上昇などを背景に、生活必需品に対する消費者の節約志向が強まるなど、小売業にとって厳しい環境となった」と振り返った。

イオンリテールは、営業黒字を確保したものの、減益。ダイエーは売上高・利益ともに計画を下回ったという。

2―11月期決算時にすでに、通期の業績見通し達成について「非常に厳しい」(若生信弥グループ財務最高責任者)との見方を示しており、下方修正は予想されていた。

当期利益予想は480億円から350億円(23.2%減)へと引き下げた。

16年2月期については、首都圏の食品スーパー連合、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス<3222.T>やウエルシアホールディングス <3141.T>が連結子会社として寄与する。このほか、GMSでは、権限を現場に移譲するなどの構造改革を進めており、早期の業績回復につなげたい考えだ。

 

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT