有料会員限定

兆円単位の投資飛び交う「動画配信」の新たな競争 ディズニーがネットフリックスを僅差で抜いた

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7
拡大
縮小

すでに「コロナ後」の段階に入ったエンタメ各界は、どこまで拡大するか。「2023年再予測」特集のスポーツ・カルチャーパートから抜粋。

『今際の国のアリス:シーズン2』の場面写真
ネットフリックスの『今際の国のアリス:シーズン2』(©麻生羽呂・小学館/ROBOT)

特集「2023大予測|スポーツ・カルチャー編」の他の記事を読む

ウクライナ、気候変動、インフレ……。混迷を極める世界はどこへ向かうのか。12月19日発売の『週刊東洋経済』12月24-31日号では「2023年大予測」を特集(アマゾンでの購入はこちら)。世界と日本の政治・経済から、産業・業界、スポーツ・エンタメまで108のテーマについて、今後の展開とベスト・ワーストシナリオを徹底解説する。この記事は本特集内にも収録しています。

製作費高騰の背景には熾烈な競争

週刊東洋経済 2022年12/24-12/31【新春合併特大号】(2023年大予測 108のテーマで混沌の時代を完全解明!)
『週刊東洋経済 2022年12/24-12/31【新春合併特大号】(2023年大予測 108のテーマで混沌の時代を完全解明!)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

高額投資の動画コンテンツが相次ぐ。グローバル系有料動画配信サービスで提供される主力コンテンツの連続ドラマ製作費は今や1話10億円は下らない。2022年はアメリカのアマゾン・ドット・コムのプライム・ビデオから1話当たり80億円に上る史上最高額のファンタジーシリーズ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』が配信された。

製作費高騰の背景には熾烈な競争がある。ウォルト・ディズニー・カンパニー直営サービスのディズニープラスが、世界の有料会員数2億人超えのネットフリックスを僅差だが追い抜いたことは、競争の激しさを物語る。

映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフドラマ『オビ=ワン・ケノービ』などディズニープラス向けに目玉の独占作品を次々と投入したディズニーの2022年度のコンテンツ投資額は、日本円換算で前年度より1兆円ほど増加した約4.5兆円に上る。

次ページ高額投資は回収できるか
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内