到来!「第3次ドーナツブーム」何が今人気なのか 韓国発、生食感…最新流行ドーナツはこれだ!

拡大
縮小
第3次ドーナツブームを盛り上げる6種のドーナツ(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(29枚)
「ドーナツは、日本人にとって幼いころから身近に親しんできた食べ物。新しいお店やジャンルに興味を持つ人も多いので、ブームが生まれやすいのではないかと思います」
そう話すのは、ドーナツ探求家の溝呂木一美さん。

第3次ドーナツブームの到来

第1次ドーナツブームは2006年。アメリカ発のドーナツ専門店「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が日本に初出店。目の前で揚げる工程が見られるという仕掛けにも注目が集まり、1号店が連日大行列となった。

2015年頃には、コンビニで本格的なドーナツとコーヒーが楽しめると注目され、第2次ドーナツブームが到来。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

そして今、第3次ブームを迎えているドーナツ。大きく貢献したのは、今年3月にオープンしたドーナツ専門店「I’m donut?」の“生ドーナツ”。多くの人がとろけるような新食感を求め、生ドーナツと称する商品を扱う店舗も増えた。

生ドーナツという新しいジャンルが大成功したことからもわかるように、今の流行の中心は、バターをたっぷり使ったブリオッシュ生地のようなふんわり・もちもちのドーナツ。洋菓子の技術を生かしたリッチな味わいのものも増えています」(溝呂木さん、以下同)

中にクリームがたっぷり入ったクリームドーナツも、トレンドのふわふわ生地系で人気となっているものの1つ。

「ドーナツ屋さんではなく、カフェやレストランなど、これまではドーナツを扱わなかったお店でも提供され、ドーナツの裾野を広げることに一役買っています。マラサダやボンボローニもこの仲間ですね」

次ページグルテンフリーやビーガン向けなど“こだわり素材”も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT