「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか 宮川剛著

「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか 宮川剛著

2003年にヒトゲノム全30億の塩基配列の解析が完遂されて以来、急速に進展するゲノム脳科学。その進歩により、遺伝情報は病気治療に役立てられるだけでなく、性格や知能と遺伝子の関係をも明らかにしつつある。

自分とは何か。こころはどこにあるのか。いにしえより哲学者や宗教家、科学者が追究してきたこの難問に、ゲノムはどう答えるのか。遺伝子と脳、こころの関係を心理学的観点から長年研究してきた著者が、最新の研究結果を踏まえ、未来を示唆する。

数万円で個人が自身のゲノム情報を知ることができる「パーソナルゲノム時代」がすぐそこまで来ているという。その可能性と、それを迎える心構えを説く。

NHK出版新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。