キー局決算に見る放送業界「史上最悪の危機」 なぜフジテレビだけ放送収入大幅ダウンなのか

拡大
縮小

5つのキー局の放送収入の上期合計額は、2019年度の4104億円から乱高下の末、2022年度は3832億円に大きく下がった。

一方ゴールデンタイムのPUT(総個人視聴率・各局個人視聴率の合計)は2019年度の36.5%が急上昇と急降下を重ねた末、2022年度はさらに下がって33.3%となった。

放送収入は272億円下がり、視聴率は3.2%下がったのだ。特に視聴率は、これまでなかったほど下がってしまった。

(図版:筆者作成)

視聴率が下がった原因は?

視聴率が下がった原因は、巣ごもり生活を経て無料のYouTube視聴やNetflixなどの有料VODを習慣的に見る人が増え、メディア生活が分散したせいだろう。PUTがこれだけ下がったのはおそらく、これまでテレビ視聴の主役だった高齢層にもネット動画が浸透し始めたせいだと思われる。若者のテレビ離れが、老若男女に広がっている。その結果が3.3%の個人視聴率ダウンにつながった。

最近、例えばドラマの視聴率を語る記事に私はイライラしていた。朝ドラ「ちむどんどん」が評判が悪く、だから視聴率も2010年以降最低だ、と論じる記事を見かけたが、2020年後期から朝ドラの視聴率はどんどん下がっていた。2010年以降ワースト1、2、3は最近の3作「おかえりモネ」「カムカムエヴリバディ」「ちむどんどん」が占めている。「ちむどんどん」だけを槍玉に挙げるのはおかしいのだ。

この夏のドラマは平均世帯視聴率2桁超えが1つしかなく不作だったとの記事もあった。いやいや、史上最大の視聴率ダウンが続いているだけだ。私が計算したところ、2019年と2022年の8-9月の各番組の平均視聴率を比べるとどれもこれも急落していた。「報道ステーション」は13.7%から12.0%に、「サザエさん」は10.2%から7.8%に、一時期高視聴率で話題になった「ポツンと一軒家」では19.2%から13.9%にそれぞれ急落した。
かつてない異変にテレビを評するメディアがまったく気づいていないことに苛立った。だがこの決算ではっきりしたと思う。テレビ放送は歴史的下降に見舞われているのだ。

次ページキー局の業績を個別に見ると見えてくるもの
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT