有料会員限定

円安進展でも製造業の国内回帰は容易ではない 為替は製造拠点を決める条件の一つでしかない

✎ 1〜 ✎ 187 ✎ 188 ✎ 189 ✎ 最新
拡大
縮小
自動車の製造ライン
(写真:sig / PIXTA)

3月決算企業の中間決算発表が続いている。近年、「悪い円安」が叫ばれるようになってはいるが、改めて実感するのは、大手製造業にとっての円安メリットの大きさである。

円安メリット筆頭格であるトヨタ自動車は、この上期に為替要因で営業利益が5650億円押し上げられた。上期は資材高騰や経費増などで営業利益は35%減の1兆1414億円となったが、円安効果がなければ67%減益だったことになる。

電子部品大手の村田製作所は、上期の営業利益が12%減の1949億円となった。為替による営業利益のプラス効果は約600億円であり、円安メリットなかりせば、減益率は35%に広がっていた。

次ページ製造業の国内回帰には消極的な声
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内