独SAP、2250人分のポストを削減

新分野で2200人分の雇用を創出

 3月6日、ドイツのソフトウエア大手SAPは、世界全体の人員の約3%に相当する約2250人を削減すると発表した。2013年9月撮影(2015年 ロイター/Cathal McNaughton)

[フランクフルト 6日 ロイター] - ドイツのソフトウエア大手SAP<SAPG.DE>は、世界全体の人員の約3%に相当する約2250人分のポストを削減し、今年、新たに約2200人分の雇用を創出する方針を示した。

クラウドを通じた販売を増やしていることが背景。

クラウド、インメモリデータベース事業などの成長分野で新たに約2200人分の雇用を創出する。

同社は世界全体で約7万5000人を雇用している。

*カテゴリーを変更しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。