独SAP、2250人分のポストを削減

新分野で2200人分の雇用を創出

 3月6日、ドイツのソフトウエア大手SAPは、世界全体の人員の約3%に相当する約2250人を削減すると発表した。2013年9月撮影(2015年 ロイター/Cathal McNaughton)

[フランクフルト 6日 ロイター] - ドイツのソフトウエア大手SAP<SAPG.DE>は、世界全体の人員の約3%に相当する約2250人分のポストを削減し、今年、新たに約2200人分の雇用を創出する方針を示した。

クラウドを通じた販売を増やしていることが背景。

クラウド、インメモリデータベース事業などの成長分野で新たに約2200人分の雇用を創出する。

同社は世界全体で約7万5000人を雇用している。

*カテゴリーを変更しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。