半導体大手テキサス・インスツルメンツは茨城・美浦工場で被害、全面復旧は7月【震災関連速報】

半導体大手テキサス・インスツルメンツは茨城・美浦工場で被害、全面復旧は7月【震災関連速報】

半導体世界4位のテキサス・インスツルメンツ(TI、本社・米テキサス州ダラス)は、東日本大地震で茨城県にある美浦工場(稲敷郡美浦村)が被害を受けたことを明らかにした。建屋や製造設備に被害が生じたほか、化学薬品、ガス、水などを供給するインフラが破損しており、修理に約3週間かかる見通しだという。

同社によれば、工場は最短で5月から段階的に生産を再開する予定で、全面再稼働は7月中旬、全面再稼働に基づく出荷は9月になる見込みだ。もちろん、電力などの復旧状態しだいでは、スケジュールがずれ込む可能性もある。

美浦工場の生産量はTI全体の10%に相当。同社は、他の工場への生産シフトを進めており、ウエハ処理量の約60%を代替しうる生産拠点を特定できたしている。復旧作業には、三浦工場のほか、日出工場(大分県)、ダラス本社、マレーシア工場の社員で構成されるチームが当たっている。

福島県の会津工場(会津若松市)も被害を受けたが、すでに生産を再開。4月中旬までには全面稼働となる予定だという。
(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。