JDI、キリン工場跡地に液晶工場新設へ

投資1700億円はアップルが大半を負担

 3月6日、ジャパンディスプレイは、石川県白山市に第6世代(G6)液晶新工場を建設すると発表した。写真はロゴ、千葉県茂原市で2013年6月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - ジャパンディスプレイ<6740.T>は6日、石川県白山市に第6世代(G6)液晶新工場を建設すると発表した。投資額は1700億円。関係者によると、投資資金の大半は米アップル<AAPL.O>が負担。量産する液晶は、iPhoneの2016年のモデルに供給する。

白山市のキリンビール北陸工場跡地の取得契約を締結後、15年4月までに建設を開始し、16年夏までの稼働を目指す。

G6ガラス基板(1500×1850ミリメートル)で中小型液晶を量産する工場で、第1期工事として、1700億円を投じ月産2万5000枚の能力を持つ設備を建設する。最大能力として同7万枚以上に拡張できる。第2期以降の設備投資は、今後の課題として検討する。

新工場は、iPhoneの16年のモデルに供給するが、アップル専用とせず、中国スマホメーカーなど他社へも供給する予定。アップルのiPhone用液晶は、JDIのほか、韓国のLGディスプレイ<034220.KS>、シャープ <6753.T>が供給している。JDIが新工場を完成させれば、iPhone向けでは最大の供給者になる見込み。

関係者によると、新工場の建設はアップルからの増産依頼によるという。交渉の結果、第1期の1700億円の投資資金の大半をアップルが負担するとともに、アップル以外の他社メーカーへ液晶供給も承認を得た。新株発行や有利子負債による資金調達なく建設する予定で、キャッシュフローがマイナス体質の同社にとって有利な契約となった。

13年6月に稼働した茂原工場(千葉県茂原市)に続き、同社にとって国内で7か所目の液晶工場。茂原工場もG6サイズのガラス基板を使用し、生産能力は月5万枚だが、15年3月には稼働率が90%を超える見込み。スマホ用液晶の需要増をにらんで新工場の建設に踏み切る。第1期工事が完了すれば、同社全体の液晶生産能力は20%以上増強される。 

 

(村井令二 編集:内田慎一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。