いすゞ自動車は主力2工場に損害無いが、サプライヤーが被災【震災関連速報】

いすゞ自動車は主力2工場に損害無いが、サプライヤーが被災【震災関連速報】

国内大手のトラックメーカー、いすゞ自動車は14日、主力の藤沢工場(神奈川県藤沢市)、栃木工場(栃木県栃木市)の2工場で18日まで、稼働を見合わせると発表した。ともに点検を終え、人的、物理的な被害はなく、生産再開については問題がないことを確認しているが、部品調達先の被災状況などを見極める。

主力工場は無事だったが、部品調達先のTBK<7277>やアイメタルテクノロジー<5605>、日本ピストンリング<6461>などが今回の地震で被災した。会社側は18日以降について、部品調達先次第の部分もある。

同社の従業員では死傷者はなかったが、東北の一部販売会社とはまだ連絡がつかず、安否の確認を急いでいる。
 
(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT