中外製薬は宇都宮工場の建物・設備の一部に損傷。早期再開に向けて全力尽くすが再開時期は不明【震災関連速報】

中外製薬は宇都宮工場の建物・設備の一部に損傷。早期再開に向けて全力尽くすが再開時期は不明【震災関連速報】

中外製薬は、東日本大震災の影響を受けて腎性貧血治療薬エポジンなどを製造する宇都宮工場(栃木県宇都宮市清原工業団地)の建物・設備の一部に損傷が発生したことを明らかにした。現在、工場は操業を中止しており、被害状況を精査中。建物・設備の確認を経て、早期の再開に向けて復旧を急ぎたいとしている。ただ、再開時期は不明としている。

なお、宇都宮工場は同社の最主力工場で、エポジンのほかに、関節リウマチ治療薬アクテムラやがん化学療法の副作用軽減に用いるG−CSF製剤ノイトロジン、ひざ関節症治療剤スベニールなどを製造している。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT