競争率100倍!「イオンの農業」人気の秘密

野菜生産面積は日本最大級、次はコメにも

イオンアグリ創造で最初に設けた直営農場。キャベツやかぼちゃ、はくさい等を生産

それでもコストは下げられると思っている。コメ生産ではITを駆使してコストの“見える化”を徹底していく。野菜ではこのキャベツにどれだけコストがかかっているか、日次ベースで数字を弾き出せる仕組みを導入している。

正確にコストが把握できるようになっており、利益を出せる態勢になりつつある。コメ生産でも、いろんな角度から分析していく。仮に今の計画通りに進めば、圧倒的にコストは下げられる。

他県でも展開をしていきたい

――今後の事業方針を教えてください

今回は、昨年できた埼玉県の農地バンク(注:農地利用の集積集約化を行う中間管理機構のこと)が土地の集約や賃借契約を中継ぎしてくれたことでスムーズにいった。今後も農地バンクを通じ、3年かけて水田を拡大していく。現状の11ヘクタールから合計80~100ヘクタールぐらいまでは広げたい。

他県でも農地バンクの募集があった兵庫や千葉、岐阜などで手を上げている。イオングループは事業会社として野菜では生産面積が日本最大級になった。今度はコメで今回の羽生市をモデルケースに全国でもっと規模を拡大していきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。