プロが判定!200円以下「市販の食パン」ランキング 第1位は大手コンビニの“PB"パン

印刷
A
A
食パンランキング(撮影/山田智絵)
この記事の画像を見る(12枚)

暮らしに不可欠な食品や日用品の値上げが相次いでいる。朝食の定番にしている人も多い食パンもそのひとつだ。今年4月に輸入小麦の価格が17%引き上げられ、食パンの主原料である小麦粉も値上がりした。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

副材料や物流費も高騰し、山崎製パンや敷島製パンなどの大手製パン会社は、7月から食パンや菓子パンを最大で9%ほど値上げすると発表。

そんなインフレのあおりか、生でもおいしいと話題になった“高級食パン”のブーム終焉が噂されている。一時は朝イチで予約しないと入手困難な専門店もあったが、今や閉店した店も多い。そこで改めて注目したいのが、スーパーやコンビニで買える“普通の食パン”だ。

身近で買える「食パンランキング」

高級食パンブームの陰で、従来の製パン会社は、求めやすい価格でおいしい商品を提供する企業努力を地道に続けていたと思います」と、パンを使った料理教室も開催しているベテラン料理研究家の林幸子さん(以下「H」)。

前身の『ためしてガッテン』から23年間、番組の料理チームを率いたNHK『ガッテン!』の元スタッフの石川範子さん(以下「I」)も「時代の流れに合わせ、生のおいしさも追求したプライベートブランド(PB)商品を開発するなど、コンビニの進出も目覚ましいですよね」と話す。

今回は、おふたりに1斤200円以下の家計にやさしい食パン20種類を実食してもらった。「生のまま」「トースト」「コストパフォーマンス」の3項目で評価し、★1つにつき1点で合計点を出したランキング結果をご紹介

次ページ1位は大手コンビニのPBパン
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT