有料会員限定

ユニクロとワークマン、決算書でわかる稼ぎ方 コロナ禍でも底力を見せた製造小売業の秘訣

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

難解な決算書はビジュアル化し、企業同士や経年で比べることでわかる。さまざまな企業の決算書を図解で攻略していく。

ワークマン(左)とユニクロの店内(撮影:尾形文繁、今 祥雄)

アパレル業界では、SPA(製造小売業)と呼ばれる、商品企画から製造販売まですべて自社で行う企業がある。SPAは、コロナ禍でも底力を見せた。卸会社に支払うマージンが少ない分、営業利益を確保できるためだ。

そのSPAの代表例が、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング(ファストリ)と、建設作業員から一般客にまで顧客の幅を広げたワークマンだ。

両社の営業利益率を見ると違いがわかる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内