有料会員限定

日本電産と村田製作所、利益率が大きく違う理由 売上高に占める原価率に大きな違いがある

印刷
A
A

難解な決算書はビジュアル化し、企業同士や経年で比べることでわかる。さまざまな企業の決算書を図解で攻略していく。

日本電産の永守重信会長(左、撮影:ヒラオカスタジオ)と村田製作所(右、撮影:尾形文繁)

電子部品業界各社の戦略の違いは売上原価に表れる。大手である日本電産、村田製作所の売上高に占める原価率を比較すると、日本電産は8割弱、村田製作所は6割弱と差は歴然だ。

日本電産は、価格を抑えてシェアを拡大する、コストリーダーシップ戦略を柱としている。一方の村田製作所の戦略は、高機能化による差別化だ。高付加価値製品は代替品がなく、市場投入から時間が経っても価格を維持できる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内