有料会員限定

「財務3つの表」がわかれば会計の仕組みがわかる 損益計算書、貸借対照表、キャッシュフローの見方

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
(写真:CORA_PIXTA)

企業の全体像を知るには、財務諸表を理解することが必要だ。財務諸表には基本財務3表といわれる「損益計算書」(PL)、「貸借対照表」(BS)、「キャッシュフロー計算書」(CS)がある。3つの表はつながっており、一体で勉強しておけば、企業を取り巻く会計全体もわかる。

経済産業省によれば日本には約360万の企業がある。業種が違っても基本的な活動は同じ。共通するのは、①「お金を集める」→②「投資する」→③「利益を上げる」という、3つの活動だ。

次ページBSは財産残高の一覧
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内