有料会員限定

テスラが「ありえない利益率」をたたき出す秘訣 テスラとトヨタ自動車の決算書を読み解く

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

難解な決算書はビジュアル化し、企業同士や経年で比べることでわかる。さまざまな企業の決算書を図解で攻略していく。

中国のテスラ販売店。こうした店舗も縮小し、オンラインが中心(写真:CFOTO/アフロ)

営業利益率19.2%──。

これは世界最大のEV(電気自動車)メーカー・米テスラが2022年1〜3月期の決算で記録した数字だ。業界上位の利益率を誇るトヨタ自動車でさえ10%前後で、「ありえない数字」と受け止められている。

なぜテスラはここまで高い利益率をたたき出せるのか。

次ページ1台当たり利益はトヨタの倍
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内