有料会員限定

テスラが「ありえない利益率」をたたき出す秘訣 テスラとトヨタ自動車の決算書を読み解く

印刷
A
A

難解な決算書はビジュアル化し、企業同士や経年で比べることでわかる。さまざまな企業の決算書を図解で攻略していく。

中国のテスラ販売店。こうした店舗も縮小し、オンラインが中心(写真:CFOTO/アフロ)

営業利益率19.2%──。

これは世界最大のEV(電気自動車)メーカー・米テスラが2022年1〜3月期の決算で記録した数字だ。業界上位の利益率を誇るトヨタ自動車でさえ10%前後で、「ありえない数字」と受け止められている。

なぜテスラはここまで高い利益率をたたき出せるのか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内