トヨタ「EV計画」大刷新の衝撃 投資額も大幅拡大

印刷
A
A
2021年12月の説明会で「世界中のお客様に、EVならではの個性的で美しいスタイリング、走る楽しさ、EVのある暮らしをお届けしたい」と語った豊田章男社長(撮影:尾形文繁)

特集「EV戦国時代 不退転の日系メーカー」の他の記事を読む

「トヨタから事前説明はいっさいなかった。おそらくトップダウンで決めたのだろう」

トヨタ自動車は2021年12月、EV(電気自動車)の30年世界販売台数を350万台(うちレクサス100万台)とする計画を発表した。FCV(燃料電池車)と合わせ200万台だった従来計画から、EVのみで150万台引き上げた(下図)。冒頭のトヨタ元役員であるグループ部品メーカーの首脳は大幅な上乗せに戸惑いを隠さない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内