ホンダに問われる戦略の具体化 2040年エンジン車ゼロに

印刷
A
A
2021年から指揮を執るホンダの三部社長(写真:ホンダ)

特集「EV戦国時代 不退転の日系メーカー」の他の記事を読む

日本メーカーの中で唯一「脱エンジン」を打ち出したホンダは、目標に掲げる2040年に向けた事業構造の転換に着手している。

エンジン関連部品を製造する栃木県真岡市の拠点は25年中に閉鎖すると21年6月に発表した。21年に劇的な総合優勝を飾ったF1は同シーズン限りでの撤退を決めている。脱エンジン宣言について、三部敏宏社長は「かつての馬車から自動車に変わるような大きな変化だと思う。過去の延長線上に未来はない」と危機感を示す。

水面下では、市場縮小が予想されるエンジン関連部品を主力とする系列部品メーカーとの連携も加速する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内