蜜月一転「自民が維新を痛烈批判」の裏にある謀略 安倍・菅政権と様変わり、維新内対立もあおる

印刷
A
A
「身内に甘い政党だ」と維新を批判した自民党の茂木敏充幹事長と「薄っぺらい幹事長だ」と応戦した日本維新の会の松井一郎代表(左写真:Kiyoshi Ota/Bloomberg、右写真:ヒラオカスタジオ)

目前に迫る参院選をにらみ、自民と日本維新の会(維新)の批判合戦が過熱している。安倍晋三・菅義偉両政権では蜜月だった両党関係が岸田文雄政権で一変した背景には、参院選後をにらんだ自民党内の権力闘争が絡んでいるとの見方も広がる。

安倍・菅政権時代の維新は、創業者で元代表の橋下徹元大阪府知事・市長が安倍氏と、松井一郎代表(大阪市長)が菅氏とそれぞれ太いパイプを持ち、政界では「実質的な与党」(閣僚経験者)との位置づけだった。

しかし、岸田政権では中枢の岸田首相、麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長の3実力者が、いずれも「維新を敵視する立場」(自民幹部)だ。このため、維新側も反自民・野党の立場を鮮明にせざるをえず、それが今回の批判合戦にもつながったとみられる。

維新内の亀裂拡大も狙う

そもそも維新の政治理念は、安倍氏ら自民党内の保守派(タカ派)と極めて近く、前回衆院選でも「保守派有権者の票の取り込み」が大躍進の要因だった。ただ、全国政党への脱皮には「超タカ派」との印象が大きな障害になっているのは間違いない。

このため、維新内部ではタカ派の象徴ともみられている橋下氏との関係を絶つ動きも浮上。その一方で、自民は橋下氏の存在をことさら維新と結びつけることで、同党内の亀裂拡大を狙っている。

しかも、橋下氏や維新への攻撃は、自民党内反主流の旗頭とされる菅氏や、菅氏とのパイプを堅持する安倍氏への強い牽制にもなる。だからこそ、茂木氏があえて維新の金城湯池の大阪で維新批判をしたとみられ、野党分断への思惑も絡み、当分は両党の神経戦が続きそうだ。

次ページ批判合戦の発端は?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT