ホンダ、それでも原付バイクにこだわる事情

低迷する国内2輪市場で新車攻勢

2014年のホンダの50ccバイクの販売実績は10万7000台。タクトだけで今年は4万5000台の販売目標を掲げており、かなり野心的だ

タクトはダンクのエンジンやフレームを使いながら一層の軽量化を進め、価格はタクトが17万2800円、女性や小柄な人でも乗りやすいようにシート高を低くしたタクトベーシックは15万9840円と、ダンクよりも5万円安くした。年間の販売計画は2タイプ合わせて4万5000台。原付の中では最量販モデルと位置付け、国内の原付1種のシェアの2割を奪う野心的な計画を掲げている。

発売前には全国50カ所以上で販売店向けに商品説明会を実施。これまで複数の新型車をまとめて紹介するのが一般的だったが、今回はタクトに絞って実施したところに、最量販モデルに懸ける意気込みが見て取れる。

原付バイクで新車攻勢

ホンダは2014年に国内で過去最高水準となる35車種のバイクを売り出した。今年も20車種以上の新型車を投入するとみられる。50ccスクーターではさらに1車種を投入し、原付2種の主力車種「Dio110」(110cc)も全面刷新して今春発売するなど、原付バイクで積極的な新車攻勢を仕掛ける。

タクトを筆頭とする原付の盛り返しで、2015年の国内販売は21万5000台(前年比5%増)の計画を立てている。ホンダモーターサイクルジャパンの加藤社長は、「トップメーカーとして需要の拡大を取り組まない限り、国内の2輪の将来はないという決意の元にこのタクトも出した」と話す。原付のテコ入れがバイク市場の活性化に寄与するかどうか、タクトの担う役割は大きい。

(撮影:尾形文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング