有料会員限定

貸与型奨学金は教育格差是正の特効薬 支援機構の破格の貸与条件

印刷
A
A

大学の合格発表シーズンである。コロナ禍による景気悪化で、進学を諦めなければならない若者が出てこないか心配している。

経済面から来る教育格差を埋める制度の1つが奨学金だ。返済義務の有無によって貸与型と給付型の2種類がある。近年、貸与型の奨学金について、それを担う日本学生支援機構とともに批判が多い。

10代後半の若者が大学在学期間を通じて数百万円の借金を背負うことになり、社会人になってその返済に苦しめられる、との批判である。また、保証人に対する返済要求への非難も高まった。こうしたことから、貸与型奨学金をかつての消費者金融と同等視するかのような意見もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内