デジタル人民元vs.デジタルドルを展望する それぞれ異なったデジタル通貨の未来像

印刷
A
A

米中のデジタル通貨戦略の違いがはっきりしてきた。

2月4日に始まった北京冬季五輪を舞台に、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)「デジタル人民元」の展開をアピールするのが中国だ。スマートフォン用ウォレットアプリや利用可能な店舗の準備を整え、欧米に先駆けたCBDC発行に邁進する。

一方、1月20日、当初予定より約半年遅れで、ようやくCBDCの是非に関する報告書を発表したのが、米国の連邦準備制度理事会(FRB)だ。FRBは「すぐに発行する意図はなく、利害関係者の合意形成や行政、議会の支持を重視する」と強調。その悠長にも映る姿勢は中国とは対照的だ。

こうした違いから、一部では中国がデジタル通貨で先行し、ドルが支配する国際通貨体制を揺さぶるとの見方もあるが、事はそんなに単純ではない。米中はそれぞれ異なったデジタル通貨の未来像を持っており、大本をたどれば、それは政治体制の違いにまで行き着くほど根深い。日本も戦略構築に当たって、こうした両国の違いを認識しておく必要がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内