「EV元年」を迎えるための課題と期待 どこかの時点でバッシングが強まる可能性も

印刷
A
A

年初に米ラスベガスで開かれた世界最大のテクノロジー見本市「CES 2022」で、ソニーグループがSUV(スポーツ用多目的車)型EV(電気自動車)を披露した。

ソニーは2年前のCESでも試作EVを発表している(2020年2月29日号の当コラム参照)が、当時は具体的な事業化について言及はなかった。今回は「EVの市場投入を本格的に検討する」(吉田憲一郎社長)と踏み込んだ。

米国や中国では新規のEV参入の動きが活発だが、日本ではわずかにとどまってきた。そうした中で日本有数のブランド力を誇るソニーが参入に言及したことはEV関連ビジネスの起爆剤となる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内