有料会員限定

「人生は起承転々。鉱脈は既知の分野にこそある」 私のキャリアチェンジ|作家 童門冬二

印刷
A
A
どうもん・ふゆじ 1927年東京生まれ。旧制中学卒。都庁で広報室長、政策室長などを歴任。79年に退職して作家に。「歴史に見る組織と人間」をテーマに話題作を発表してきた。代表作に『小説 上杉鷹山』『50歳からの勉強法』など。

特集「ライフシフト超入門」の他の記事を読む

現在、94歳ですが、月刊誌などに連載を10本抱え、400字詰めの原稿用紙に換算すると毎月100枚ほど書いています。コロナ禍で会場に出向くことはありませんが、講演はリモートで月5回ほどあります。足腰こそ弱まりましたが大病もなく、80代のときと比べて仕事量はあまり変わっていませんね。2日に1度はお肉を食べています。

生活信条ですか? 自分の造語である「起承転々」です。「転」は単に転がるというのではなく、最期まで緊張して生き抜くという意味です。自分の人生はいまも未完成で、学ぶことがまだまだある。「転々」としながら新しいことに挑戦するくらいでないと、と思っています。「終活」なんてものはまったく必要がありません。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ライフシフト超入門
無形資産の棚卸し&100年人生の目標設定
ライフシフトを妨げるものとは?
ライフシフトを可能にするマネー計画
超長寿社会の社会保障
人生100年時代のキャリア形成
転職、独立、移住、学び直し…
自らの人生は自分で決める
私のキャリアチェンジ|弁護士 菊間千乃
私のキャリアチェンジ|作家 童門冬二
『ライフシフト』をこう生かせ(1)ウォンテッドリー社長 仲 暁子
『ライフシフト』をこう生かせ(2)立教大学教授 中原 淳
『ライフシフト』著者インタビュー/アンドリュー・スコット
ロールモデルがない時代、大きく広がる人生の可能性
『ライフシフト』著者インタビュー/リンダ・グラットン
ライフシフト超入門
100年時代の人生&行動戦略
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内