有料会員限定

供給不足は解消方向だが変異株、産油国次第で波乱 石油・エネルギー

印刷
A
A
米シェール業界は価格が底堅ければ増産傾向が続く見通し(AFP/アフロ)

特集「世界はグレートリセットへ」の他の記事を読む

国際エネルギー市場では、供給不足は2022年に入ると解消の方向だが、新型コロナウイルスの影響や産油国の動向次第で不安定な展開が予想される。

2021年には天然ガス価格が数倍に暴騰し、原油価格も一時WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)が7年ぶりに1バレル当たり80ドルを突破、資源インフレが世界を揺さぶった。コロナ禍からの経済再開や気候要因で化石燃料需要が高まる中、2020年の価格暴落への反省や脱炭素の圧力から産油国が増産加速に慎重となり、需給不均衡が拡大したためだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内