有料会員限定

アンモニア・水素の実力 火力発電ビジネスの急展開

印刷
A
A

火力発電に依存する日本。次世代エネルギーは現実解になりうるか。

JERA碧南火力発電所。いちばん左の5号機で小規模混焼実証が始まった(写真:JERA)

特集「エネルギー危機が来る」の他の記事を読む

日本は電源構成のうち7割超を化石燃料に頼る「火力発電大国」だ。火力発電をなりわいとする企業は、脱炭素へのビジネス転換を最も迫られている。そこで、火力発電からの温室効果ガス排出を抑制し、ゼロにしようという取り組みが進んでいる。

「CO2(二酸化炭素)が出ない火をつくる」

東京電力グループと中部電力の火力発電事業の統合で、日本最大の発電会社として発足したJERA(ジェラ)は、そんなキャッチフレーズのCMを流している。同社は2020年10月、50年までにCO2排出をゼロにするというロードマップを公表。政府の方針に従い、非効率な石炭火力発電所を30年までに全廃するほか、洋上風力発電の開発促進や蓄電池の導入支援などを掲げる。

JERAが現在国内で行っている発電は、すべて石炭やLNG(液化天然ガス)といった化石燃料を燃やす火力発電だ。世界的な脱炭素化が加速する中、化石燃料の燃焼効率をいくら上げたところでCO2排出抑制には限界がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内