有料会員限定

存在しない「正しい歴史」 歴史認識のすれ違いはなぜ生じるのか

印刷
A
A

「総合」された歴史で「ふさわしくない」史実をどう見るべきか。

2005年、日本の歴史教科書の記述に反発する韓国市民(時事通信)

特集「学び直しの「近現代史」」の他の記事を読む

主観的要素というものは、すべての歴史的把握のうちに必然的に存在して、これを根絶することはできない。個々の事変は、歴史的考察によって初めて、同時代に起こった事変の無際限なる集団のうちから拾い上げられて、一個の歴史上の出来事となる──。今から約100年前、ドイツの歴史学者であるエドワルト・マイヤーが記した一文だ。

過去には無限の出来事があり、そのすべてをそのまま取り上げ再現することはできない。言い換えるなら、歴史とは決して過去の事象そのものではない。それは、無限に存在する過去の出来事から、ある人々が彼ら自身の主観に即して特定の事物だけを取り上げ作り出した、1つの「物語」にしかすぎないのである。

そのことは世の中に唯一絶対的に「正しい歴史」など存在しないことを意味している。過去の事象を真摯かつ実証的に探究すればやがて「正しい歴史」に到着する、と考えるのはあまりにも素朴だ。

学校で教えられる「歴史」もその例外ではない。教科としての日本史も世界史も、過去の事象のすべてを教えるものではなく、特定の基準で選ばれた限られた事象に触れるにすぎない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内