有料会員限定

パナの「失敗の分岐点」 時価総額はソニーの4分の1

印刷
A
A

いまだ「自分探し」を続けるパナソニック。歯車はどこで狂ってしまったのか。

パナソニックは車載事業への集中投資を打ち出したが、成長につなげられなかった(撮影:ヒラオカスタジオ)

特集「ソニー 掛け算の経営」の他の記事を読む

6月24日に大阪で開催されたパナソニックの株主総会で、株主からは業績と株価の低迷に対する批判の声が出た。

「ソニーは過去最高益を出しているのに、パナソニックは30年前と売上高が変わっていない」という株主からの指摘に対し津賀一宏社長(現会長)は、「お客様へのお役立ちを絶えず新しい形に拡大している」と現状を説明しつつ「株価に反映されるのには時間がかかる」と弁明した。

パナソニックとソニーグループの現在の事業領域は、一部のAV機器を除いてほぼ重ならない。だがかつては総合電機メーカーとしてテレビや録画機などでライバル視され、ともにテレビ事業を元凶とする業績不振に陥った。時価総額も同程度だった。

それが、平井一夫前社長によるソニーの構造改革が実を結び始めた2015年ごろからソニーの時価総額がパナソニックを上回るようになり、21年現在のソニーの時価総額は約14兆円。パナソニックの4倍以上と大差がついている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ソニー 掛け算の経営
ソニー音楽子会社の元社長「丸さん」が語る
将来性と問題点を探る
元ソニーの経営学者が語る|早稲田大学ビジネススクール 教授 長内 厚
復活ソニーの「次」をどう描く
Part3|ソニーの死角
時価総額はソニーの4分の1
評価次第で給与に大きな差
ビリビリに出資し中国市場を深耕
イメージセンサーで首位独走
YOASOBIだけじゃない
インタビュー|YOASOBI「生みの親」に直撃
Part2|絶好調事業の今後
ネトフリ、ディズニーと配信契約
業績不振時も研究開発費率は維持
Part1|掛け算の経営
AIロボティクス事業トップに聞く|ソニーグループ常務 川西 泉
ソニーCTOに聞く|ソニーグループ 副社長 兼 CTO 勝本 徹
ソニー 掛け算の経営
ついに出始めたシナジー エンタメ×エレキ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内