格安版も登場、「シェアオフィス」大乱戦 外資系や異業種から続々と参入

印刷
A
A

新しいワークスペースとして脚光を浴びたシェアオフィス。いま、海外や異業種から新しいシェアオフィスの波が訪れようとしている。

4月に開業したスタートアップ向けシェアオフィス「LAIDOUT SHIBUYA」(記者撮影)

特集「シェアオフィス新潮流」の他の記事を読む

「東南アジア版ウィーワーク」がついに日本に上陸する。

シンガポール発のシェアオフィス運営会社「JustCo(ジャストコ)」は2022年1月、東京・渋谷区の大型オフィスビル「渋谷ヒカリエ」の33階にシェアオフィスを開業する。

「第1号店は渋谷に出せればいいなと思っていた。渋谷には街の発信力があり、人を惹きつけるパワーがある」。ウィーワーク、リージャスとシェアオフィス企業を渡り歩き、現在はジャストコの日本カントリーマネジャーを務める鈴木省吾氏はこう話す。

都内のシェアオフィスは10年間で20倍に

第1号店は約670坪のフロアに、個室やコワーキングスペースなど約500席を配置する。詳細の設計はこれからだが、カラフルで賑やかな雰囲気の内装が目立つ他社のシェアオフィスとは一線を画し、ホテルのラウンジのような落ち着いた空間作りを目指す。今後2年間で都心部を軸に5拠点程度の出店を計画している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内