ファーウェイ提携先の新型EV発表 100種以上のファーウェイ製部品を搭載

印刷
A
A

中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が開発したOS(基本ソフト)の鴻蒙(ホンモン)を搭載した新型EV(電気自動車)が4月17日にお披露目された。

EVの正式名称は、「極狐阿爾法S(アークフォックスアルファS)ファーウェイ・バージョン」。国有自動車大手、北京汽車集団傘下のEVメーカーである北汽新能源汽車が立ち上げた高級車の新ブランドだ。

ファーウェイは2017年に同社と業務提携関係を結んだ。両社の提携の対象となる自動車には、レーザー光を用いた3次元センサー「LiDAR(ライダー)」などの各種センサーを含む自動運転システム、スマートコックピット用にカスタマイズされたホンモンOS、独自プロセッサー「麒麟(Kirin)」、車載ディスプレーなど、100種以上のファーウェイ製部品を搭載している。

アークフォックスには、基本版とハイグレード版の2車種があり、ファーウェイのスマート自動車ソリューション事業のトップを務める王軍氏によれば、「基本版は高速道路における自動運転が可能、ハイグレード版はさらに都市部の一般道での自動運転が可能だ」という。

現時点でファーウェイは自動車製造には参入せず、自身を部品サプライヤーとして位置づけている。今後は自動車大手の長安汽車や広汽集団との緊密な業務提携で、さらに自動車領域を強化する計画だ。

(財新記者:安麗敏、原文の配信は4月18日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内