有料会員限定

北朝鮮の東京五輪不参加は日本への対決シグナルだ 日本列島越えのミサイル発射など武力挑発を行う可能性が高い

印刷
A
A

北朝鮮の対日姿勢が硬化している。異変は4月1日に始まった。北朝鮮政府が事実上運営するウェブサイト「ネナラ」(朝鮮語で“わが国”の意味)が、「侵略と略奪の戦時悪法」と題する、日本を激しく批判する論評を掲載した。〈20世紀初、朝鮮を軍事的に占領した日本帝国主義は侵略戦争に必要な人的、物的資源を動員するために数々の悪法をつくり上げた。その中には、1938年4月1日に公布した「国家総動員法」もある。/(中略)これに基づいて日帝は、840余万人の朝鮮人を炭鉱、鉱山、軍事施設工事場に強制的に引っ張って行き殺人的な労働を強い、農民たちが汗水流して栽培した農産物をことごとく収奪し、朝鮮の天然資源を手当たり次第に略奪した。そして、20万人の朝鮮の女性を日本軍の性奴隷として強制連行し、青壮年は侵略戦争の弾除けとして駆り出し無残に虐殺した。/殺人的、かつ略奪的な各種のファッショ悪法をつくり上げ、朝鮮人民に数え切れない人的および物的災難を被らせた日帝の罪悪は絶対に許されない。幾世紀もの間、血塗られた積年の恨みは百倍、千倍の復讐を呼んでいる。/日本は、過去自分らが犯した犯罪的罪科をはっきりと知り朝鮮民族に素直に謝罪し、徹底的に賠償しなければならない〉(4月1日付「ネナラ」日本語版)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内