有料会員限定

金融システム危機招く「座礁資産」の急膨張 リスクシナリオ6|気候変動

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小
米国の石油・ガス業界でも「座礁資産」急増の懸念が高まる(AP/アフロ)

特集「「復興」と「後始末」の年に」の他の記事を読む

菅義偉首相は2020年10月26日の所信表明演説で、50年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにすると宣言した。すでにEU(欧州連合)は19年12月に同じ目標で合意。世界最大の排出国である中国は20年9月、習近平国家主席が国連総会で60年までの実質ゼロを表明した。

そして米国では50年までの実質ゼロ目標を掲げるジョー・バイデン政権が21年1月に始動する。経済規模で世界の上位4カ国・地域(G4)が「パリ協定」に沿った削減目標で足並みをそろえることになる。

今後、目標達成に向けた対策が世界の国や自治体、企業、金融機関などあらゆるレベルで加速していく。各国とも気候変動対策をポストコロナの成長戦略の柱に位置づけていることもあって、関連のニュースフローは一気に勢いを増した。ESG(環境・社会・企業統治)投資が急拡大する株式市場では、投機的人気も手伝って脱炭素関連株が乱舞している。

3つの気候変動リスク

脱炭素化の動きが強まる背景に、気候変動が世界経済に及ぼすリスクへの関心の高まりがある。気候変動対策それ自体がはらむリスクにも注目が集まりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「復興」と「後始末」の年に
民間有力エコノミスト18人のシナリオ
リスクシナリオ10|金融市場
まさかのシナリオ|金融市場
リスクシナリオ9|菅政権
まさかのシナリオ|菅政権
リスクシナリオ8|デジタル変革期
まさかのシナリオ|デジタル変革期
リスクシナリオ7|東京五輪
まさかのシナリオ|東京五輪
リスクシナリオ6|気候変動
まさかのシナリオ|気候変動
リスクシナリオ5|朝鮮半島との外交関係
まさかのシナリオ|朝鮮半島との外交関係
リスクシナリオ4|揺らぐ自由貿易
まさかのシナリオ|揺らぐ自由貿易
リスクシナリオ3|中国
まさかのシナリオ|中国
リスクシナリオ2|米国新政権
まさかのシナリオ|米国新政権
リスクシナリオ1|新型コロナと世界経済
まさかのシナリオ|新型コロナと世界経済
PartⅠ|政治・経済 リスクシナリオ10
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内